え・ものおき

 得物や獲物を置いている場所ではなく、鳥川某が描いた絵を置いています。

最終更新=2016年12月31日

2017 酉年 ←別ページ→ あおいとり
画像クリックで最新ページへ

各コンテンツは右のメニューからご覧下さい→

説明 どうやって描いているのか

 基本的にアナログ画材で手描き。
 補助的にアクセサリのペイントやExcel、PhotoShop、フリーソフトのVIXを使用。

鵜袋  袋鵜
(例)バナーに居る「鵜袋」と「袋鵜」

【使用画材】 主線:筆ペン、着色:色鉛筆、紙:B7ケント紙

 「鵜」部分を鋏で切り抜いて、スキャン時に茶色い紙を重ねて背景色にしています。
 上下のタイルのような模様はExcelの基本図形を色々組合わせてみました。
 このサイトのロゴ等は全てこの方法で作っています。
 「読む」ボタンなどExcelの基本図形の組合せのみで作成したものもあります。

 アナログどころか、紙にドーサ引きをして、 墨を摺って、膠を小さい土鍋でじっくりことこと煮溶かして、 胡粉と水干絵具と岩絵の具を乳鉢ですりつぶして、 絵皿で混ぜて筆で描くと言う、江戸時代みたいな方法で描いたものもあります。

copyright © 2006-2016 袋鵜の豆本屋 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system