豆本の作り方

背表紙を作ります。
本文に直接貼る背表紙は、表に出ない部分です。
見た目の美しさよりも、頑丈さ・貼りやすさ重視で。

0.5背表紙を作る

【用具】
カッターマット、木工用ボンド、
クリップ、硬い紙、ラブトーン、ティッシュ。

【接着面の確認】

<貼る前の状態―本文>
両面印刷の場合、折った側に糊を付けた背表紙を接着。
片面印刷(ページが袋状)の場合は反対側(開いている側)を接着。

背表紙を作る

間違った側に接着すると本が読めません。
くれぐれも、接着面を間違えないようにご注意ください。

<貼る前の状態―背表紙>
予め少し折っておきます。

背表紙を作る

この時に折る幅は適当で構いませんが、
折り目が斜めになっていると、はみ出してしまうのでご注意ください。

<貼る前の状態―花布の代わりの紙>

背表紙を作る

この部分はあってもなくてもいいと思うので、作りたい人だけご覧下さい。
0.5’花布の代わりの紙を作る

<貼る前の状態―背表紙>
花布の代わりの紙を接着した状態。

背表紙を作る

花布もどきの端っこは、ちょっとはみ出した状態です。

<貼る前の状態―全体図>
背表紙を作る

普通の木工用ボンドを使用します。
本文はクリップで留めて数日間放置し、しっかり折り目を付けています。

<貼っている最中>
背表紙を作る

クリップを外したら紙がずれないように、しっかり揃えて持って下さい。

背表紙を作る

貼る時に紙がずれていると、後でページが外れたりします。

<貼っている最中>
本文の背表紙を貼る部分に木工用ボンドを塗ります。

背表紙を作る

後で伸ばすので、端っこからはみ出ない程度にたっぷりと。

<貼っている最中>
背表紙の端っこの部分でボンドを伸ばします。

背表紙を作る

撮影者は腕が2本しかない人物1名で、三脚を使うといまいち撮りにくかったので、
下に置いていますが、普通の作業では、背表紙の紙は下に置いていません。
連続して作業しています。(と言う訳で、糊付け台紙を使用していません)

<貼っている最中>
背表紙の端っこの部分でボンドをさらに伸ばします。

背表紙を作る

本文の奥側(写真では見えない側)に、背表紙の折り目が長い側(ボンドが付きの部分)、
本文の手前(ボンドが付きの部分)に、背表紙の折り目が短い側を貼り付けます。
面倒くさいのでヘラ等を使わず、こうやって直接貼り付けています。

<貼り付けた状態―全体>
背表紙を作る

ボンドがはみ出した部分は、ティッシュ等で拭き取って下さい。

<貼り付けた状態―全体>
背表紙を作る

間に厚紙を挟んで、本文の接着した側をクリップで留めます。

<貼り付けた状態―全体>
背表紙を作る

クリップで留めたまま、ラブトーンやスプーンの柄等で背表紙をこすって、
ボンドを均等に広げます。

<貼り付けた状態―全体>
背表紙を作る

この部分も、はみ出したボンドをティッシュ等で拭き取って下さい。
この部分は、上手く拭き取らないと後でページが開かなくなります。

この後は、クリップで留めたまま乾くまで放置してください。


←04.本文の裁断  <0.5背表紙を作る>  06.ハードカバーの表紙を作る→

copyright © 2006-2013 袋鵜の豆本屋 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system